パステルアートの資格・教室・道具・描き方・テクニックが全部揃っているサイト

MENU

オイル?ソフト?ハード?パステルの種類はどれが良い?

ソフトパステル

ホルベインソフトパステル24色入り

誰でも簡単なソフトパステル

パステルアート『海』ソフトパステルで描いた海です。水平線と入道雲とカニが描かれています。

パステルアートとして一般的なのはこのような風景画。
これはソフトパステルで描いています。

ソフトパステルのメリットとして

・柔らかい素材で子どもから高齢者まで使いやすい
・伸びが良く塗り心地が良い
・消しゴムで簡単に消すことができる
・パステルを削って粉にする必要がない
・美しいグラデーションを簡単に作れる

などがあります。

一方のデメリットとしては、細部の描画に向かないこと。細かいパーツを描きたいときは色鉛筆などをプラスで利用します。

 

子どもにはオイルパステルも

グリグリと力を入れて描きたい子どもには、オイルパステルもおすすめです。

オイルパステルでリンゴを描いている途中経過の見本です。

オイルパステルを使ってリンゴを描こうとしている途中見本の写真です。

ソフトパステルとは違い、オイルパステルは色が混ざりにくいですが、どんどん重ねていくことで重厚感が出てきます。

デメリットとしては、ある程度色数が必要になることと、消しゴムで消すことができないことなどが挙げられます。そのため、絵に苦手意識がある人や初心者にとってはハードルが高く感じられるかもしれません。

 

ハードパステルやセミハードパステルは?

ハードパステルは素材が固くパステルを削って粉にする必要があるため、手間がかかります。広い画面も細部も描きやすいというメリットはありますが、握力のない子どもや高齢者にとってもベストとは言えません。初心者はまずソフトパステルからチャレンジしてみましょう。
ハードパステルは中〜上級者向けです。

セミハードパステルはメーカーによって素材の違いが大きい傾向があります。ホルベイン製のセミハードパステルは素材が柔らかく、ソフトパステルと同じ感覚で使用できるのでおすすめです。

パステルアート通信講座。心理カウンセラーから学ぶパステルアートの資格

 

パステルアート資格認定1日講座。心理カウンセラーから学ぶパステルアートの資格

 

パステルアート体験講座。初心者向けのバナーです。

PAGETOP